空手道誠真会は、群馬県下の太田市、館林市、渋川市、伊勢崎市の各道場で、空手を通じて人格を形成すべく、稽古に励んでいます

更新情報・お知らせ

2016/09/17
ベストボディジャパン前日
2016/08/24
ベストボディジャパン
2016/08/17
2016 マウイ合宿
2016/07/29
夏休み預かります会
2016/07/06
好きな映画10選
2016/06/26
道場生のちょっといい話
2016/06/24
夏季審査会
2016/06/13
アキレス腱断裂 腱・癒着
2016/05/10
全日本大会 追記
2016/05/08
全日本大会 結果

空手道誠真会の目指す空手

誠真会の目指す空手は、人生にとって、また日々の生活にとって意味のある空手です。

少年部:礼節 (礼儀は周りとの関係を良くする潤滑油。謙虚さと感謝の気持ちを身に付ける。)

    忍耐力(夢や目標を達成するために必要な精神力。継続する力の養成)

    観察力(稽古は真似ることから。自分に足りないものは、周りが気付かせてくれます)

一般部:関係性の構築(手足の連動性を稽古で身に付けましょう)

    中庸の心(鍛錬により、常に精神の安定を目指しましょう)

    哲学の身体化(培ってきた思考を動作に反映させられるよう鍛錬しましょう)

空手の鍛錬により自分を知り、思考のバランスを整え、心身の調和をはかり、

気力体力が充実し、人生を心豊かに過ごせるような空手道を誠真会は目指します。

安心で安全なコースとクラス分け

空手道誠真会では、以下のコースを用意しております。

ご希望のコースを選択してください。

また、途中からのコース変更も可能ですので、気軽にお申し付けください。

◆フルコンタクトコース・・・・直接打撃を行うコースです。
◆ライトコンタクトコース・・・直接打撃ですが、手加減します。
◆ノーコンタクトコース・・・・相手の体に触れずに、寸止めするコースです。

■クラス分けは、以下の通りです。

幼年部:4歳〜6歳(未就学の男女)
少年部:7歳〜14歳(小中学生の男女)
一般部:15歳以上(高校生以上)
壮年部:35歳以上
女子部:18歳以上の女性の方

詳しくは、入会案内をご覧ください。

空手道誠真会 館長

館長 佐藤康貴

◆1975年生まれ
◆15歳で、極真会館群馬支部に入門
◆18歳で上京後、東京城南支部で稽古に励む
◆第一回群馬県交流試合 優勝
◆群馬県型競技大会 優勝
◆第16回、第17回、第18回全日本ウェイト制選手権大会出場
◆第33回全日本選手権大会出場
◆第3回全日本型競技選手権大会 4位
◆元・極真会館 弐段
◆趣味     読書 筋トレ 良質のプロテイン探し
◆好きな食べ物 ラーメン
◆嫌いな食べ物 酢豚(小学校で出た給食の酢豚に衝撃を受ける)
◆好きな俳優  ロバート・デ・ニーロ
◆好きな映画  ゴッドファーザー
◆好きなマンガ ゴルゴ13 まんが道 
◆身長177cm
◆体重70kg〜80kg

ベストボディジャパン前日

9月17日 23時寄稿

 

明日はベストボディジャパンコンテスト。

体の仕上がりはベストと言えず、今回は経験を積むことに専念。

体脂肪は8%。

しかし、狙っていた5%以下にならず、絞りの難しさを知った。

今週はポージングセミナーにも参加したが、ウォーキング・ポージングが

こんなに難しいとは思わなかった。

 

空手の大会の仕上げと違い、狙った日に体を仕上げるという経験は、

本当に勉強になった。

例えば前日は水抜き・塩抜きをするとか。

今日は100mlしか飲んではいけず、ナトリウムも1.5g以下に抑えたり、

サウナに1時間入り皮下の水分を徹底排除し筋肉を浮かび上がらせる等々、

とにかく新鮮な経験だった。

 

アキレス腱を断裂し日々のトレーニングが緩んでいたので、ここまで

追い込んでちょうど良かった。

肉体をここまで酷使したのは選手時代以来だったし。

 

追い込む事がすっかり癖になったので、今後の肉体作りに良い刺激になり、

そういった面では大満足。

 

それに体脂肪が無くなると、色んな所の筋肉が見えて楽しいw

今後は70〜75kgでこの体脂肪になれるよう鍛えていこうと思う。

 

さて、明日はどうなることやら。

初めての経験、楽しみます。

 

 

 

 

 

ベストボディジャパン

9月18日(日)のベストボディジャパン前橋大会への出場が決まり、

調整の日々が続く。

 

肉体改造はやはり食事が最重要。

いくらトレーニングをしていても、食事内容が適切でなければ

肉体は変わらない。

 

先週から朝だけ摂っていた糖質もやめ、1日中完全糖質カットにした。

本当は糖質カットをすると筋肉が減るのでしたくないのだが、

思った以上に脂肪が取りきれないため、仕方なし。

体を絞りきるに必要な走り込みが充分に出来ないためで、

ここでもアキレス腱断裂の影響が出るとは思わなかった。

 

まぁ仕方ない。

 

やれるだけのことはしよう。

 

毎日3食、鶏肉・サラダのみの食生活。

ただ食事は餌だと思っているので、言っている以上にストレスは無い。

 

もうこうした生活を2年前からしているからいい加減慣れた。

(通常の食生活に何ヶ月か戻す期間もあります)

 

それ以来食事への欲求より、肉体改造をする意欲の方が勝っている。

 

でもラーメンは食べたいなwww

 

これが終わったら今年中は増量に入るので、そうしたら食べよう。

 

一番嫌なのは、絞るための走り込みとスパ。

スパは家にあるのだが、サウナが苦手な私はこの時間が苦痛で仕方ない。

サウナなんか大袈裟でなく、3分入っていられない。

毎日10分3セットのスパが本当嫌。

暇だし。

なもんで、スマホからグラセフ実況のモモテラリアの動画を見て、

何とか時間を稼いでいる。

これ面白いし。

 

さて、

 

今日もトレーニングしよう!

 

                        おしまい

 

 

2016 マウイ合宿

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

夏休み預かります会

夏休み企画として、

【夏休み預かります会】を

8月1日〜5日の間、私の自宅で行います。

 

各道場で夏休み中どのように過ごしているか道場生に聞いたところ、

結構な人数で1人留守番しているという子が多かったので、

だったら寂しいだろうし危ないから俺んち来いよ、ということで

企画してみました。

 

預けていただく皆様の出勤に間に合わなければ意味ありませんので、

朝8時〜16時の間でお好きな時間に連れてきていただけたらと思います。

 

費用は不要です。

お弁当もしくはコンビニ等で昼食購入希望者は、

その費用だけお持ちください。

 

午前中は主に勉強・午後はゲームをしたりして過ごしたいと思います。

 

留守番をさせておくと不安だと思いますので、そうした方おりましたら

是非連れてきてください。

 

勿論、留守番しない道場生でも希望者は大歓迎です!

 

日数が少なくお役に立てるか分かりませんが、

お待ちしております。

 

押忍

 

好きな映画10選

皆さん、おはようございます・こんにちは・こんばんは。

 

唐突ですが、私の好きな映画を10作品選んで発表したいと思います。

 

えっ?興味ない?

 

ですよね。

 

でも発表します。

 

じゃ、もういきますね。

以下順位付けはしませんが、この作品だけは違います。

 

《永遠の第1位》

ゴッドファーザー

 

これはもう私の中では不動です。

完璧な映画。

何回見てもたまらん。

出来る事ならシチリアに住みたい。

ゴッドファーザー好きな人を集めて語りたい。

 

次。

ディアハンター。

 

タイタニック。

 

アルマゲドン。

 

うわ、ど定番が続いた。

 

ポリスストーリー香港国際警察。

 

ロッキー2・4。

 

やば、なんか浅いな。

 

 

ブラッドダイヤモンド。

 

タクシードライバー。(デニーロ多いな)

 

インセプション。(これ、終わり方が絶妙)

 

もう10超えたな。

 

てか、ここまで書いて分かった。

10に絞るのは無理。

まだここから山ほどある。

マニアックな作品含めて。

 

よく100選とかあってもっと絞れよ!と思ってたけど、

やっぱ厳しいね。

 

次回50選で書こう。

 

                     おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道場生のちょっといい話

新シリーズ「道場生のちょっといい話」

 

日頃、道場稽古や行事で見聞きしてきた、道場生の

礼儀正しい行動や心温まるエピソードの数々を紹介していきたいと思います。

 

今回は、館林道場4年生黄帯・K希のいい話を。

この話は館林道場のT田先生から聞きました。

 

T田先生は仕事柄、外回りもすることがあるそうで、

その時もある小学校前で先頭で信号待ちをしていたそうです。

ちょうど、下校時と重なったようで横断歩道には多くの小学生が

道を渡っていたようです。

よく見ると、その中に館林道場のK希が。

おっk希だ!と思って見ていると、K希もT田先生に気付いたようで、

途中で立ち止まり、T田先生へ「押忍」と十字を切り、横断歩道を渡ったそうです。

渡り終えたK希はそこで立ち止まり、T田先生が走り去るまで

そのままでいたそうです。

 

私も指導では、一般部の方とプライベートで会っても空手で知り合ったのだから

押忍くらいは言おうな、と少年部に言ってはいますが、こうした行動までしようとは

言ったことが無く、K希の礼節の素晴らしさに驚きましたし、

T田先生もk希の行動に胸を打たれたそうです。

 

T田先生はその後もK希と道ばたで会うことが多いようですが、

K希はT田先生に気付くと、誰といようと恥ずかしがらず、

必ず押忍と十字を切り、皆が先に帰ろうと、T田先生が見えなくなるまで

ずっと立ち止まってるとのことでした。

 

稽古内で言っている、

「稽古では指導者以外でも一般部の皆さんには必ず挨拶する」

「一般部の前を横切らないよう気を付ける」

等々の事をK希なりに考え、普段から行動していたのだと思います。

 

この話を聞き、早速各道場で皆さんに伝えました。

見えなくなるまで待たなくてもいいですが、気付いたからには

礼をしよう!と。

 

最近のK希は稽古内でも返事や気合いが大きく、何か逞しくなったなぁと

いう印象を受けていたので、より嬉しくなりました。

 

今後のK希の活躍が楽しみです。

 

 

 

 

 

夏季審査会

6月19日

夏季審査会を行いました。

 

今回は、渋川道場の一般部A井さんが昇段に挑戦。

最後まで素晴らしい動きで、見事昇段に成功しました。

 

全体の感想としては、気合いの点で物足りなさがありました。

動きはなかなか良いのですが、覇気がいまいちで、

もう少し気持ちを全面に出して動くべきだと思います。

 

動きのキレやインパクトは、気持ちから出てくることも多く、

気迫が無いと、上手いけど力強さや雰囲気がなんとなく締まらないなぁ、

といった印象をやはり受けてしまうものです。

 

一般部・少年部共に性格はとにかく素晴らしい方ばかりですから、

覇気を出す、この1点に絞り、また稽古していただけたらと思います。

 

少年部は良い子ばかりで、礼儀正しく、いつも感心しています。

審査会でも合宿でも、人に迷惑をかけたり何かしでかす子は一人もおらず、

白帯や初参加者にそっと手助けをする姿を見ていると、

本当に素晴らしい、と心から思います。

 

そうした優しさと共に、気迫を出す時も身に付けてもらいたいと

思っています。

優しいだけでも素晴らしいですが、いざ動き始めたら顔つきが

変わるような、やる時はやるぞ!という雰囲気を持ってもらえたら

尚良い気がします。

 

優しい分、なかなか難しいことかもしれませんが、

昇段1つ取っても、気合いを120%出さないと乗り切れない

内容の時もありますので、その点だけを頑張ってレベルアップ

していただきたいと思います。

 

皆様、お疲れ様でした。

アキレス腱断裂 腱・癒着

今月末で、断裂から5ヶ月。

アキレス腱は勿論のこと、足首・スネが相当固く、
いまだ階段の上り下りは上手く歩けない。
走る事もいまだ出来ず。

空手でいうと、前屈立ち・後屈立ちは全く出来ず、
かろうじて三戦立ちと騎馬立ちが出来てきたかなぁ、という程度。

腱周りの癒着が激しいようで、元に戻るか分からないとも、
リハビリの先生に言われた。

元に戻るか分からない?

そうか、先生の見立てはそうなのですね。

でも、俺は違う。

戻るか分からないではなくて、必ず元に戻すのだ!

どうなるか分からない?
そんなの何の事でも当たり前。
そうじゃなくて、そうなるようにするんだよ。

自分でね!

色々な方法を探し、必ず元に戻してみせる。

ま、何にせよ、諦める事だけはないね。










 

全日本大会 追記

全日本大会2日間を共にしてくれたT田先生。

そのT田先生が大会後、教えてくれたことがある。

それは、

誠真会の選手は皆が皆、ヘッドギアの脱着時や案内係に誘導される際等、
必ずしてくれた方に
「押忍ありがとうございました。」
ときっちり礼をしていた、ということ。

また、ベスト8に入ったR叶や同学年のR唯は、ヘッドギアを拭くために置いてある
各コート選手係が使用する除菌剤とタオルで、試合後ヘッドギアを
自分で拭いてから戻っていたとT田先生は話してくれた。

素晴らしいことだと思った。

うちの大会では、確かに選手自身が試合後自分で拭かせるが、
全日本では係がいるため、する必要は無い。

そうした中、試合後の興奮や悔しさが残っている時に、
我を忘れず行動出来るのは本当に素晴らしい。

彼らの中に正しい心が備わっているのが
この行動1つで見てとれ、本当に嬉しかった。

選手皆さん、最後まで自分を律して行動していたことに
敬意を表します。

押忍

 

全日本大会 結果

今年は14名が全日本大会に挑戦してきました。

結果は、

中学1年女子重量級 3位   渋川道場 A井
小学5年男子軽量級 ベスト8 館林道場 S山

となりました。

S山は1回戦から強敵でしたが、技ありを取り試合を優位に進め、
そのまま勝利!
その後も勝ち続けましたが、惜しくも準々決勝で敗退。
しかし、彼の戦いぶりは見事の一言でした。

A井も難なく勝ち上がっていきましたが、
準決勝でちょっと納得出来ない判定で敗退。

長年試合を見てきましたが、あの判定はいかがなものか・・・、と
言いたくなる判定でした。

しかし、それでも3位。
立派でした。

他選手も力を発揮しながらも惜しくも敗退。
初出場選手も多かったですが、緊張に飲み込まれることなく、
みんなよく頑張ったと思います。

この敗戦によるショックに負けず、今度はやってやるぞ!という
前向きな気持ちを持ち、今回の大会を終えていただけたらと思います。

選手の皆さん、本当にお疲れさまでした!

お問い合わせ

お問い合わせは、お近くの道場まで直接お越しください。

お電話・メールでの問い合わせ
0276−38−6421
info@seishin-kai.com

QRコード

スマートフォンでもPC表示に切り替えてご利用ください。

qrcode

↑ PAGE TOP