空手道誠真会は、群馬県下の太田市、館林市、渋川市、兵庫県芦屋市の各道場で、空手を通じて人格を形成すべく、稽古に励んでいます

更新情報・お知らせ

2020/09/01
人の気持ちは変えられないが、自分の気持ちは変えられる

空手道誠真会の目指す空手

誠真会YouTubeチャンネル  「誠真会 Seishinkai Karate」

誠真会Instagramインスタ  「誠真会」

誠真会facebook 「Karate Seishinkai」

誠真会の目指す空手は、人生にとって、また日々の生活にとって意味のある空手です。

少年部:礼節 (礼儀は周りとの関係を良くする潤滑油。謙虚さと感謝の気持ちを身に付ける。)

    忍耐力(夢や目標を達成するために必要な精神力。継続する力の養成)

    観察力(稽古は真似ることから。自分に足りないものは、周りが気付かせてくれます)

一般部:関係性の構築(手足の連動性を稽古で身に付けましょう)

    中庸の心(鍛錬により、常に精神の安定を目指しましょう)

    哲学の身体化(培ってきた思考を動作に反映させられるよう鍛錬しましょう)

空手の鍛錬により自分を知り、思考のバランスを整え、心身の調和をはかり、

気力体力が充実し、人生を心豊かに過ごせるような空手道を誠真会は目指します。

安心で安全なコースとクラス分け

空手道誠真会では、以下の会員コースを用意しております。

ご希望の会員コースを選択してください。

また、途中からのコース変更も可能ですので、気軽にお申し付けください。

◆新オンライン会員・・・・配信で稽古をするコースです。
◆ 一般会員・・・・道場またはオンラインで稽古をするコースです

■クラス分けは、以下の通りです。

幼年部:4歳〜6歳(未就学の男女)
少年部:7歳〜14歳(小中学生の男女)
一般部:15歳以上(高校生以上)
壮年部:35歳以上
女子部:18歳以上の女性の方

詳しくは、入会案内をご覧ください。

空手道誠真会 館長

館長 佐藤康貴

◆1975年生まれ
◆15歳で、極真会館群馬支部に入門
◆18歳で上京後、東京城南支部で稽古に励む
◆第一回群馬県交流試合 優勝
◆群馬県型競技大会 優勝
◆第16回、第17回、第18回全日本ウェイト制選手権大会出場
◆第33回全日本選手権大会出場
◆第3回全日本型競技選手権大会 4位
◆元・極真会館 弐段
◆趣味     読書 筋トレ 良質のプロテイン探し
◆好きな食べ物 ラーメン
◆嫌いな食べ物 酢豚(小学校で出た給食の酢豚に衝撃を受ける)
◆好きな俳優  ロバート・デ・ニーロ
◆好きな映画  ゴッドファーザー
◆好きなマンガ ゴルゴ13 まんが道 
◆身長177cm
◆体重70kg〜80kg

人の気持ちは変えられないが、自分の気持ちは変えられる

芦屋指導に来ると必ずするのが、

淡路島巡り。

淡路島は良いですよ。

もう地場というか波動が違う。

とにかく落ち着きます。

波動調整には最適です。

さすが国生みの島。


私は淡路島に行った際は、伊弉諾神宮に参拝した後、決まった浜辺に行ってボーッとするのが定番です。

最近は行ったことのない場所に足を運び、より淡路島の良さを発見しようと散策しています。

コロナが落ち着いたら、淡路島合宿とかもしてみたいですね。

海山あるし食べ物美味しいし。


まぁ環境がどうであれ、日々自分がより楽しくなることを自分で見つけ実践することが大事です。


さて、コロナも予断が許さず、まだまだ普段の生活は先行き不安な状況が続いておりますが、こうした状況でも稽古を頑張っている皆様がおりますこと、大変嬉しく思いますし力をいただけて感謝しております。


空手を通じ私自身今やっていることは、


「恐れや不安にフォーカスせず、手離し、環境に左右されないよう自分に集中する」


恐れや不安にフォーカスすると、それらをより呼び込むことになります。

不安なことに目がいく・不安なことが耳に入ってくる人は、

「不安に意識が向いている」

証拠です。

心から楽しく過ごしている時は、それらを見聞きしても右から左に抜けていってないですか?

心に残らないというか。

留まらないですよね。


ということは、


「周りで起きていることは自分の心次第でどうにでも変わる」


周りが変わらなくとも自分の心次第で感じ方が変わるということです。


そうすると、


「変化を周りに求めず、自分が変わればいい」


ということに気付きます。


空手稽古はその最たるものだと思っています。

稽古中考えることは、

「いかに自分を良くするか」

です。

周りのこと・日常のことを一切遮断し、


「今ここにいる自分」


に集中するわけです。


道着に着替えるのも一切を遮断し空手道の世界にフォーカスするためです。

そして道着の色が白いのは、自分の心の状態を表しており、

「穢れの無い真っ白な心で稽古をする」

ことを道着の色で示しているわけです。


また、体が重かったり気持ちが沈みがちな時も、道着に着替えると不思議なことにそれらが打ち消されることが多々あります。

これは経験者なら分かるでしょう。

何故そうなるか?

道着に着替えることで気持ちが変わるからです。

気持ちが変われば体の状態も変わるのです。


人の気持ちは変えられませんが、自分の気持ちは変えられます。


どういう自分を作り上げたいかで行動が変わってきます。

どういう技を身につけたいかで稽古する内容が変わるのと同じです。


自分は本当はどうしたいのか?

自分に聞いてみてください。


楽しいことに目を向けるのも不安に目を向けるのも、全ては自分次第です。


お問い合わせ

お問い合わせは、お近くの道場まで直接お越しください。

お電話・メールでの問い合わせ
0276−38−6421
info@seishin-kai.com

QRコード

スマートフォンでもPC表示に切り替えてご利用ください。

qrcode

↑ PAGE TOP