空手道誠真会は、群馬県下の太田市、館林市、渋川市、兵庫県芦屋市の各道場で、空手を通じて人格を形成すべく、稽古に励んでいます

更新情報・お知らせ

2019/09/10
第2回芦屋審査会&観光

空手道誠真会の目指す空手

誠真会の目指す空手は、人生にとって、また日々の生活にとって意味のある空手です。

少年部:礼節 (礼儀は周りとの関係を良くする潤滑油。謙虚さと感謝の気持ちを身に付ける。)

    忍耐力(夢や目標を達成するために必要な精神力。継続する力の養成)

    観察力(稽古は真似ることから。自分に足りないものは、周りが気付かせてくれます)

一般部:関係性の構築(手足の連動性を稽古で身に付けましょう)

    中庸の心(鍛錬により、常に精神の安定を目指しましょう)

    哲学の身体化(培ってきた思考を動作に反映させられるよう鍛錬しましょう)

空手の鍛錬により自分を知り、思考のバランスを整え、心身の調和をはかり、

気力体力が充実し、人生を心豊かに過ごせるような空手道を誠真会は目指します。

安心で安全なコースとクラス分け

空手道誠真会では、以下のコースを用意しております。

ご希望のコースを選択してください。

また、途中からのコース変更も可能ですので、気軽にお申し付けください。

◆フルコンタクトコース・・・・直接打撃を行うコースです。
◆ライトコンタクトコース・・・直接打撃ですが、手加減します。
◆ノーコンタクトコース・・・・相手の体に触れずに、寸止めするコースです。

■クラス分けは、以下の通りです。

幼年部:4歳〜6歳(未就学の男女)
少年部:7歳〜14歳(小中学生の男女)
一般部:15歳以上(高校生以上)
壮年部:35歳以上
女子部:18歳以上の女性の方

詳しくは、入会案内をご覧ください。

空手道誠真会 館長

館長 佐藤康貴

◆1975年生まれ
◆15歳で、極真会館群馬支部に入門
◆18歳で上京後、東京城南支部で稽古に励む
◆第一回群馬県交流試合 優勝
◆群馬県型競技大会 優勝
◆第16回、第17回、第18回全日本ウェイト制選手権大会出場
◆第33回全日本選手権大会出場
◆第3回全日本型競技選手権大会 4位
◆元・極真会館 弐段
◆趣味     読書 筋トレ 良質のプロテイン探し
◆好きな食べ物 ラーメン
◆嫌いな食べ物 酢豚(小学校で出た給食の酢豚に衝撃を受ける)
◆好きな俳優  ロバート・デ・ニーロ
◆好きな映画  ゴッドファーザー
◆好きなマンガ ゴルゴ13 まんが道 
◆身長177cm
◆体重70kg〜80kg

第2回芦屋審査会&観光

8月30日

審査会を明日に控えた芦屋稽古に群馬から狩野先生が来てくださいました。

前週に3泊4日の合宿を終えたばかりの狩野先生でしたが、合宿中の懇親会時に、

「機会があれば芦屋稽古や審査会に行ってみたい!」

と話してくださり、すぐに予定を合わせて実現してくれました。

早い!

言ったことの実現が早いのは、今非常に重要なことです。


芦屋稽古に狩野先生がいるのが不思議な感覚で、何より櫻井師範代ご家族同様本当に有り難く思いました。

稽古後に私の好きなラーメン屋に連れていこうと思いましたが(芦屋でもラーメンて…)、芦屋着後に食べたマックでまだお腹いっぱいだと言うので、その日は解散しました。

しかし夜になって狩野先生から

「今頃になってお腹が空いてきました。今日の一番の失敗はラーメン屋に行かなかったことです…」

とLINEがきました。

ラーメン屋はまた次回に。


31日

午前中狩野先生とモーニングへ。

うちら家族ともまだゆっくり話したことなかったので、良い時間が取れました。


午後1時 審査会開始

狩野先生指揮のもと、第2回審査会が始まりました。

皆さん先週の合宿でのダメージが残っており、肉体的精神的疲労がある中、全力の動きを見せてくださいました。

型審査前には、休憩中ギリギリまで動画を見てチェックされるという入念な準備をして臨まれました。

皆さん気合いと動作が一致しており、言い方を変えれば心と身体のバランスが取れており、凄く勉強になりました。

「教えるというのは教わることだ」

と言いますが、まさしくその通りだなと改めて感じた審査会でした。


審査会終了後ー

狩野先生にリラックスしてもらおうと、有馬温泉へ。

豊臣秀吉が発掘したと言われる有馬温泉。

・・・違ったかな。

ちょっと分からない。

確かそう。

ブラタモリでも言ってた気がする。

ま、なんでもいい。

に、行ってきました。


日本でこの温泉にしかない何かが入っている有馬温泉。

(ブラタモリで言ってたけど忘れちゃった。

調べればすぐ分かるから今はスルーさせてください…)

良い湯でした。

街並みもいいですね、有馬温泉は。

のんびりしてて。

しかもめっちゃ空いててラッキー。


夜は狩野先生念願の焼肉屋へお連れしました。

家族全員狩野先生もう食べきれないくらい食べてやばかったです。

狩野先生がいる嬉しさでちょっと調子に乗ってしまいましたね。

帰宅したらもうお腹いっぱいで動けなかったです、私…。


9月1日 午前

狩野先生とモーニング後、お世話になっているコイノニア教会へ。

牧師のメッセージや雰囲気にびっくりしていた狩野先生。

牧師のお話は本当に凄い。

それでいて面白い!

牧師の魅力に惹きつけられますね。


午後

狩野先生の希望で京都へ観光に。

金閣寺と二条城へ行ってきました。

私も二条城は初めてなので楽しみでしたが、

ここで私、何かを感じるというか気付くことになります。

と言いますのも、過去色々な神社やお寺巡りをしてきましたが、二条城の大政奉還の大広間を見た瞬間、見入ってその場から動けなくなったのです。

別にそれほど興味があったわけでもありませんし、大政奉還のことも特別詳しいわけでもないのですが、何故かあの大広間を見た時、

徳川慶喜のこと、家臣のことが頭から離れず、

「お互いどういう気持ちだったのだろうな…」

というようなことがどんどん湧き出てきて、しばらくボーっと見入ってしまいました。

後にも先にもこんなことは初めてです。

俺、過去に何か関係あったのかな、とさえ思ってしまいました。

我に返り、というか返らざるを得なかったのですが、というのも大広間を過ぎた廊下の向こうの方で妻と狩野先生がまだかまだか、と言いたげな感じで立ちすくんでいるのです。

二人は大広間まさかのスルーでした。

マジか。

後で聞いたら全く興味がなかったそうです笑

人ってこうも感じ方が違うのですね笑笑

でも、真面目な話、それでいいのですよね。

価値観なんてみんな違うのが当たり前ですからね。

自分の価値観を相手に当て付けないことが重要であって、価値観の違いは問題ではないと思っています。


というわけで、

天気も良く暑いくらいでしたが、観光日和でした。


夜は芦屋支部皆様が歓迎会を開いてくださいました。

ここのお好み焼き美味しかった。

狩野さんも感激してました。

皆さんお忙しい中時間を割いてお集まりいただきありがとうございました。

おかげさまで色々な話が聞けて本当に楽しい時間でした。


帰りは狩野さんと空港へ。

今回狩野さんが来てくれたおかげで審査会も無事終了し、何より狩野さんと過ごせて楽しかったですね。

茨城空港からの道中、色々な夢を語ってくれた狩野さん。

全て実現させましょう!

私もお手伝いさせてください。


                                      押忍



お問い合わせ

お問い合わせは、お近くの道場まで直接お越しください。

お電話・メールでの問い合わせ
0276−38−6421
info@seishin-kai.com

QRコード

スマートフォンでもPC表示に切り替えてご利用ください。

qrcode

↑ PAGE TOP