空手道誠真会は、群馬県下の太田市、館林市、渋川市、兵庫県芦屋市の各道場で、空手を通じて人格を形成すべく、稽古に励んでいます

更新情報・お知らせ

2019/07/16
愛・運について

空手道誠真会の目指す空手

誠真会の目指す空手は、人生にとって、また日々の生活にとって意味のある空手です。

少年部:礼節 (礼儀は周りとの関係を良くする潤滑油。謙虚さと感謝の気持ちを身に付ける。)

    忍耐力(夢や目標を達成するために必要な精神力。継続する力の養成)

    観察力(稽古は真似ることから。自分に足りないものは、周りが気付かせてくれます)

一般部:関係性の構築(手足の連動性を稽古で身に付けましょう)

    中庸の心(鍛錬により、常に精神の安定を目指しましょう)

    哲学の身体化(培ってきた思考を動作に反映させられるよう鍛錬しましょう)

空手の鍛錬により自分を知り、思考のバランスを整え、心身の調和をはかり、

気力体力が充実し、人生を心豊かに過ごせるような空手道を誠真会は目指します。

安心で安全なコースとクラス分け

空手道誠真会では、以下のコースを用意しております。

ご希望のコースを選択してください。

また、途中からのコース変更も可能ですので、気軽にお申し付けください。

◆フルコンタクトコース・・・・直接打撃を行うコースです。
◆ライトコンタクトコース・・・直接打撃ですが、手加減します。
◆ノーコンタクトコース・・・・相手の体に触れずに、寸止めするコースです。

■クラス分けは、以下の通りです。

幼年部:4歳〜6歳(未就学の男女)
少年部:7歳〜14歳(小中学生の男女)
一般部:15歳以上(高校生以上)
壮年部:35歳以上
女子部:18歳以上の女性の方

詳しくは、入会案内をご覧ください。

空手道誠真会 館長

館長 佐藤康貴

◆1975年生まれ
◆15歳で、極真会館群馬支部に入門
◆18歳で上京後、東京城南支部で稽古に励む
◆第一回群馬県交流試合 優勝
◆群馬県型競技大会 優勝
◆第16回、第17回、第18回全日本ウェイト制選手権大会出場
◆第33回全日本選手権大会出場
◆第3回全日本型競技選手権大会 4位
◆元・極真会館 弐段
◆趣味     読書 筋トレ 良質のプロテイン探し
◆好きな食べ物 ラーメン
◆嫌いな食べ物 酢豚(小学校で出た給食の酢豚に衝撃を受ける)
◆好きな俳優  ロバート・デ・ニーロ
◆好きな映画  ゴッドファーザー
◆好きなマンガ ゴルゴ13 まんが道 
◆身長177cm
◆体重70kg〜80kg

愛・運について

いよいよ梅雨も明けそうですね。

夏好きの私はカラッと晴れた暑い夏が好きですが、稽古を考えるとそれもちょっと大変だなと思うようになった自分もいて、最近は暑いのがいいのか、好きなのかどうか分からなくなっております。

ま、なんでもいいです。


さて、学生の皆さんは夏休みですね。

色々予定を立てていることと思います。

もし1ヶ月休めるとしたら何をしたいか、私も考えてみました。

”分的世界一周

1ヶ月間の範囲内で行けるだけ行ってみたい。

行けなかった国はまた次回の休みで、みたいな感じで。

しかし1ヶ月間筋トレ出来ないのはちょっと嫌だなぁ、と思ってしまう自分もいる。

▲魯錺い任里鵑咾蠅垢

したい!ビーチでビール片手に波の音をBGMにのんびり過ごす。最高。

もう思いつかない。


ヤバイ、2つしか思いつかない。

貧相な思考笑

でも分かりました。

私は旅行がしたい、と。

したいならやろう!

早速旅行の計画を立てます笑

欲求にブレーキをかけるのではなく、アクセルを踏む自分で在りたい。

心の声に敏感に反応し、出来ない理由を考えるのではなく、出来る理由を考えたい。


話はガラッと変わります。

私は常日頃から、

「運がいい」

と思っています。

運がいいと思いたいのではなく、本心から運がいいと思っているお気楽者なのです笑

振り返ると節目節目で運がいいことばかり。

小さいことから大きなことまで

「また運がいいことあった!またあった!」

と思っています(ただのアホかも)

この間も店に入ろうと立ち寄ると激混みで駐車場も満車。しかしこの店でしか買えない者を買いに来たのでどうしても寄りたい。でもここまで混んでいると無理だなと思い帰ろうとしたら、たまたま入口真ん前の場所が空き駐車出来ました。

運がいい。

あと10秒違っていたら通り過ぎて駐車出来なかった。

こういうことは皆さんもよくあることと思いますし、そんなくらいのことで運がいいと言われてもなぁ、と思う方もいらっしゃると思います。

確かに笑

大きな出来事での運がいい事例はここでは書きませんが、普段から大なり小なり運がいいと感じることは多々あります。

要はその人の捉え方かなと思います。

幸せを感じるのも同じ。

当たり前を当たり前に感じるか幸せに感じるかはその人によります。

「起こらなかった不幸への感謝」

を常にしていたいですね。

今生きていられるのは当たり前ではないですものね。

普通に毎日が過ごせているのも当たり前ではない。

もし何か一つでも欠けたら今の日常は崩れるのです。

私が昨日と変わらぬ安定した気持ちでのんきにこういう事を書いていられるのも、運のいい連鎖が続いているからです。

目に見えない・当たり前過ぎて気づけない運の連鎖。

そして自分の体に対する愛情。

例えば自分の心臓に感謝する気持ち。

生まれてから今まで1秒足りとも休んでいないのです。

心臓も肺も自分の体全てが今まで自分を生かして支えて色々な経験をさせてくれたわけですよね。

そうしたら自分に対する愛が生まれてきませんか?

自分を愛するとはそうしたことに気付けるかどうかかなと思ったりします。

そして自分を愛すると運がいいことに色々気づける気がしました。

目線を変えたら自己愛って簡単に芽生えるなぁ、とも感じました。

自己愛が芽生えれば家族・両親・社会・環境、等自分の身の回り全ての存在に感謝する気持ちが自然に湧いてきますものね。


というわけで、

今回は空手しか知らないおっさんが一丁前に愛を語ってみました。


                       おしまい




お問い合わせ

お問い合わせは、お近くの道場まで直接お越しください。

お電話・メールでの問い合わせ
0276−38−6421
info@seishin-kai.com

QRコード

スマートフォンでもPC表示に切り替えてご利用ください。

qrcode

↑ PAGE TOP