空手道誠真会は、群馬県下の太田市、館林市、渋川市、兵庫県芦屋市の各道場で、空手を通じて人格を形成すべく、稽古に励んでいます

更新情報・お知らせ

2017/08/29
夏季合宿

空手道誠真会の目指す空手

誠真会の目指す空手は、人生にとって、また日々の生活にとって意味のある空手です。

少年部:礼節 (礼儀は周りとの関係を良くする潤滑油。謙虚さと感謝の気持ちを身に付ける。)

    忍耐力(夢や目標を達成するために必要な精神力。継続する力の養成)

    観察力(稽古は真似ることから。自分に足りないものは、周りが気付かせてくれます)

一般部:関係性の構築(手足の連動性を稽古で身に付けましょう)

    中庸の心(鍛錬により、常に精神の安定を目指しましょう)

    哲学の身体化(培ってきた思考を動作に反映させられるよう鍛錬しましょう)

空手の鍛錬により自分を知り、思考のバランスを整え、心身の調和をはかり、

気力体力が充実し、人生を心豊かに過ごせるような空手道を誠真会は目指します。

安心で安全なコースとクラス分け

空手道誠真会では、以下のコースを用意しております。

ご希望のコースを選択してください。

また、途中からのコース変更も可能ですので、気軽にお申し付けください。

◆フルコンタクトコース・・・・直接打撃を行うコースです。
◆ライトコンタクトコース・・・直接打撃ですが、手加減します。
◆ノーコンタクトコース・・・・相手の体に触れずに、寸止めするコースです。

■クラス分けは、以下の通りです。

幼年部:4歳〜6歳(未就学の男女)
少年部:7歳〜14歳(小中学生の男女)
一般部:15歳以上(高校生以上)
壮年部:35歳以上
女子部:18歳以上の女性の方

詳しくは、入会案内をご覧ください。

空手道誠真会 館長

館長 佐藤康貴

◆1975年生まれ
◆15歳で、極真会館群馬支部に入門
◆18歳で上京後、東京城南支部で稽古に励む
◆第一回群馬県交流試合 優勝
◆群馬県型競技大会 優勝
◆第16回、第17回、第18回全日本ウェイト制選手権大会出場
◆第33回全日本選手権大会出場
◆第3回全日本型競技選手権大会 4位
◆元・極真会館 弐段
◆趣味     読書 筋トレ 良質のプロテイン探し
◆好きな食べ物 ラーメン
◆嫌いな食べ物 酢豚(小学校で出た給食の酢豚に衝撃を受ける)
◆好きな俳優  ロバート・デ・ニーロ
◆好きな映画  ゴッドファーザー
◆好きなマンガ ゴルゴ13 まんが道 
◆身長177cm
◆体重70kg〜80kg

夏季合宿

8月26・27日

夏季合宿を行いました。

 

「何事においても返事」

 

をテーマに、二日間みっちり稽古をしてきました。

 

【1日目】

久しぶりに暑さを感じる中、熱中症に気をつけながら稽古を。

各帯ごとに分かれ、必須型を2時間稽古。

 

「軸の取り方」

「上半身と下半身の連動性」

「動作の見せ方」

 

等を重点的に指導。

・気持ちが体に表れるから、やらされるのではなく自分から

やりにきたことを忘れない。

・動作は心・思考の表れ。だから自分の動作には自分で責任を持つ。

・自分なりに頑張るのもいいのだが、帯を締めている以上帯なりに

頑張ることを意識する。

・好きなことをするのにも最後は我慢が必要。夢を達成したり

好きなことで人生を謳歌したいなら、空手で我慢を覚えておいて損は無い。

 

等々言いながら稽古をし、皆さん真摯に聞いてくれていました。

 

【自由時間】

稽古後は自由時間。

「人に迷惑をかけない」

「器物破損しない」

この2つを守れば何をしてもいい、と伝えました。

 

【夕食】

「食事も稽古の内、普段なら残したり食べない物も、合宿の時くらい食べようと

思う気持ちが大事。」

そう言うと、小学1年生でも残さず食べたり、嫌いな物にもチャレンジする子が

多く、立派でした。

しかし一方で全く響かない子も。

この辺は性格だと感じる。

無理に食べさせる気は無いが、少しくらい食べようとするアクションがあっても

いいと思うのだが・・・。

 

【ビンゴ大会】

今回はドラクエ11やスプラトゥーン2、臭いスプレー、アブローラー、

他8点程を景品に。

次回からはトレーニング器具を多めに出そうか検討中。

 

【肝試し】

ビンゴ大会後、肝試しを。

稽古後、日がある内に全員で道筋をチェック済み。(センター隣りの公園内)

その後、仕掛人になる中学生を私の部屋に呼び、どこに潜むか

話し合い。

「こうしたことは中途半端にやるな。中途半端はつまらない・盛り上がらない。

本気で脅かせ!」

と指示。

私が以前同様脅かし役に回ってもいいのだが、そろそろみんなに

バトンタッチでいいかな。

でも俺がやった方が絶対面白くなる自信はあるけど笑

 

【就寝】

就寝後の名物?ダースモールは今回は無し。

次回はやります。

 

【飲み会】

みんなが就寝後、中学生以上のみ参加出来る飲み会を実施。

目的は先生方・一般部との交流。

稽古以外で大人と触れ合い、大人の考えを知ることは

この時期は特に有益だと思っているので行っています。

私も高1で空手を始め、打ち上げ等参加させてもらう中で、

思想の変遷に大きな影響があったと振り返ると感じるためです。

にしても、あいつガブガブジュース飲むしガバガバお菓子食うなぁ笑

遠慮して飲み食いしないより全然いいけどね。

見ていて嬉しいし気持ちがいいよ。

 

【2日目】

午前6時起床。

起床後すぐに掃除。

7時半より朝食。

合宿中の配膳は小学6年以上にやってもらい、

片付けは小学4・5年にお願いしました。

暫し休憩後、9時半から稽古を。

1日目の疲れを引きずりながらも皆気合いを入れ稽古をしていました。

今回は審査会も近いので2日目も型稽古を。

普段はやらない先輩達の型も全員にやってもらいました。

 

「必須型は必ず覚えて帰る」

 

と伝えてありましたが、短期間でもここまで上手くなったり

覚えるもんだなぁ、と感心する道場生が多かったので、

それこそ頑張った証拠だと思います。

動作は心の表れですからね。

 

最後はバスケットボール大会を。

「一般部・小5年チーム」vs「中学生・小6チーム」

「小4年チーム」vs「小3〜幼年チーム+助っ人中学生2名チーム」

で対戦。

なんだかんだでこれが一番頑張っている気がする・・・笑

 

昼食後、解散。

 

2日間最後までしっかり返事をし、人に迷惑をかけず、器物破損も無く

正しく過ごしていました。

 

合宿をして毎回思うことは、誠真会の道場生は性格が良い子ばかりだなぁ、

ということ。

空手を通じて皆さんと知り合うことが出来たのは、私の財産です。

そして私がしなければいけいないことは、

空手を通じ少しでも今後の人生に役立つ空手思想と技術を教えること。

後々振り返った時に空手をやって良かったと言ってもらえるよう、

私も頑張りたいと思います。

 

参加した皆さん、2日間お疲れさまでした。

 

お問い合わせ

お問い合わせは、お近くの道場まで直接お越しください。

お電話・メールでの問い合わせ
0276−38−6421
info@seishin-kai.com

QRコード

スマートフォンでもPC表示に切り替えてご利用ください。

qrcode

↑ PAGE TOP