空手道誠真会は、群馬県下の太田市、館林市、渋川市、兵庫県芦屋市の各道場で、空手を通じて人格を形成すべく、稽古に励んでいます

更新情報・お知らせ

2017/07/29
大会前日

空手道誠真会の目指す空手

誠真会の目指す空手は、人生にとって、また日々の生活にとって意味のある空手です。

少年部:礼節 (礼儀は周りとの関係を良くする潤滑油。謙虚さと感謝の気持ちを身に付ける。)

    忍耐力(夢や目標を達成するために必要な精神力。継続する力の養成)

    観察力(稽古は真似ることから。自分に足りないものは、周りが気付かせてくれます)

一般部:関係性の構築(手足の連動性を稽古で身に付けましょう)

    中庸の心(鍛錬により、常に精神の安定を目指しましょう)

    哲学の身体化(培ってきた思考を動作に反映させられるよう鍛錬しましょう)

空手の鍛錬により自分を知り、思考のバランスを整え、心身の調和をはかり、

気力体力が充実し、人生を心豊かに過ごせるような空手道を誠真会は目指します。

安心で安全なコースとクラス分け

空手道誠真会では、以下のコースを用意しております。

ご希望のコースを選択してください。

また、途中からのコース変更も可能ですので、気軽にお申し付けください。

◆フルコンタクトコース・・・・直接打撃を行うコースです。
◆ライトコンタクトコース・・・直接打撃ですが、手加減します。
◆ノーコンタクトコース・・・・相手の体に触れずに、寸止めするコースです。

■クラス分けは、以下の通りです。

幼年部:4歳〜6歳(未就学の男女)
少年部:7歳〜14歳(小中学生の男女)
一般部:15歳以上(高校生以上)
壮年部:35歳以上
女子部:18歳以上の女性の方

詳しくは、入会案内をご覧ください。

空手道誠真会 館長

館長 佐藤康貴

◆1975年生まれ
◆15歳で、極真会館群馬支部に入門
◆18歳で上京後、東京城南支部で稽古に励む
◆第一回群馬県交流試合 優勝
◆群馬県型競技大会 優勝
◆第16回、第17回、第18回全日本ウェイト制選手権大会出場
◆第33回全日本選手権大会出場
◆第3回全日本型競技選手権大会 4位
◆元・極真会館 弐段
◆趣味     読書 筋トレ 良質のプロテイン探し
◆好きな食べ物 ラーメン
◆嫌いな食べ物 酢豚(小学校で出た給食の酢豚に衝撃を受ける)
◆好きな俳優  ロバート・デ・ニーロ
◆好きな映画  ゴッドファーザー
◆好きなマンガ ゴルゴ13 まんが道 
◆身長177cm
◆体重70kg〜80kg

大会前日

7月29日

明日は組手大会。


最近は初出場組が多いので嬉しいかぎり。

緊張するとは思うが経験値を上げるつもりで頑張ってもらいたい。


経験値…


今日はドラクエの発売日か!

当たり前だが予約はしてある。

夏季合宿の景品に出そうと思っているので、2個。

今日はたまたま稽古休みなので、トレーニング後余力があったらちょっとやろうかな。


ベストボディまであと3週間。

体脂肪も一桁まできた。

ここからが本当の勝負なので、筋量を残しながらいかに絞りきれるかだな。


てか、もう早く終わって増量したい。

今の体は細すぎて嫌。

今回は90kgまでは絶対増やすと決めている。

あー、早く太りたい。

絞り最中に太りたい!って思考がおかしいんじゃないかと思うけど。


大会に話を戻す。

組手は自分がしたいことをするのも大事だが、いかに相手の嫌がることが出来るかが鍵。

そのためには思考と動作を一致することを意識して稽古をする必要がある。

自分の動作は置いておいて相手に集中出来るからである。

普段から漠然と稽古をしていると、相手がつくと簡単にバラバラな動きになる。

組手をすることで本当の自分の動きが分かる気がする。

極端な話、型などは出来て当たり前なのではないかな。だって自分の動作だけに集中すればいいのだから。組手は自分の動作+相手の動作への意識、が入るから、やっぱり難しいと思う。

だからこそやりがいがあるし、独りよがりな思考にならないでいられる大事な稽古だと思う。

自分らしく・あるがままでいい、という考えは大好きだが、一方で自分を省みる作業の一つとして、組手は大事だとも思う。

組手はあるがままでいてはいけないことを教えてくれる。何が足りないかが明確になる。


指導する上で・生きていく上で色々な考え方がある。

何が正しいか、いいか悪いかなんて分からないよ、立場や年齢が変われば考え方も変わるんだよ、というくらいの柔軟な思考も大事かもしれない。

ま、これも私の個人的思考だけど。


動作も勿論だけど、思考もバランスが必要。


私は空手を哲学だと思っているので、どうしても動作や思考に意味を持たせたくなるが、それも独りよがりな気もするし、

やはり難しいな笑


お問い合わせ

お問い合わせは、お近くの道場まで直接お越しください。

お電話・メールでの問い合わせ
0276−38−6421
info@seishin-kai.com

QRコード

スマートフォンでもPC表示に切り替えてご利用ください。

qrcode

↑ PAGE TOP