空手道誠真会は、群馬県下の太田市、館林市、渋川市、伊勢崎市の各道場で、空手を通じて人格を形成すべく、稽古に励んでいます

更新情報・お知らせ

2016/02/24
アキレス腱断裂ァ.瀬ぅ┘奪箸量J

空手道誠真会の目指す空手

誠真会の目指す空手は、人生にとって、また日々の生活にとって意味のある空手です。

少年部:礼節 (礼儀は周りとの関係を良くする潤滑油。謙虚さと感謝の気持ちを身に付ける。)

    忍耐力(夢や目標を達成するために必要な精神力。継続する力の養成)

    観察力(稽古は真似ることから。自分に足りないものは、周りが気付かせてくれます)

一般部:関係性の構築(手足の連動性を稽古で身に付けましょう)

    中庸の心(鍛錬により、常に精神の安定を目指しましょう)

    哲学の身体化(培ってきた思考を動作に反映させられるよう鍛錬しましょう)

空手の鍛錬により自分を知り、思考のバランスを整え、心身の調和をはかり、

気力体力が充実し、人生を心豊かに過ごせるような空手道を誠真会は目指します。

安心で安全なコースとクラス分け

空手道誠真会では、以下のコースを用意しております。

ご希望のコースを選択してください。

また、途中からのコース変更も可能ですので、気軽にお申し付けください。

◆フルコンタクトコース・・・・直接打撃を行うコースです。
◆ライトコンタクトコース・・・直接打撃ですが、手加減します。
◆ノーコンタクトコース・・・・相手の体に触れずに、寸止めするコースです。

■クラス分けは、以下の通りです。

幼年部:4歳〜6歳(未就学の男女)
少年部:7歳〜14歳(小中学生の男女)
一般部:15歳以上(高校生以上)
壮年部:35歳以上
女子部:18歳以上の女性の方

詳しくは、入会案内をご覧ください。

空手道誠真会 館長

館長 佐藤康貴

◆1975年生まれ
◆15歳で、極真会館群馬支部に入門
◆18歳で上京後、東京城南支部で稽古に励む
◆第一回群馬県交流試合 優勝
◆群馬県型競技大会 優勝
◆第16回、第17回、第18回全日本ウェイト制選手権大会出場
◆第33回全日本選手権大会出場
◆第3回全日本型競技選手権大会 4位
◆元・極真会館 弐段
◆趣味     読書 筋トレ 良質のプロテイン探し
◆好きな食べ物 ラーメン
◆嫌いな食べ物 酢豚(小学校で出た給食の酢豚に衝撃を受ける)
◆好きな俳優  ロバート・デ・ニーロ
◆好きな映画  ゴッドファーザー
◆好きなマンガ ゴルゴ13 まんが道 
◆身長177cm
◆体重70kg〜80kg

アキレス腱断裂ァ.瀬ぅ┘奪箸量J

2月24日 手術後4週間

今週からハードなリハビリが始まった。
4週間動かしていなかったため、むくみが凄く、足の感覚が全く無い。
そのため、リハビリ時はかなりの痛みが伴う。

リハビリ中痛みが出るのは仕方ないとして、この痛みは耐えていいものなのか、
アキレス腱が悲鳴を上げすぎての危険信号の痛みなのかが分からず、
リハ中は精神的に疲れる。

やはり怖いのは再断裂なので、骨折時のリハより数段気を遣う。

普段から少しずつ動かそうと努力しているが、ほとんど自力では動かない。
動いて精々2センチくらい。
リハでは3〜4センチ足首が動いているらしいが・・・。

先生曰く、
「アキレス腱のリハは怖さとの戦い」
とのこと。
100%腱が回復していない状況でのリハなわけで、
腱がまた切れるんじゃないか、というくらい負荷をかけられるので、
かなりの恐怖。

しかし信じて身を預けることが今の私に出来る事なので、
回復に向け、頑張りたいと思います。

話は多少変わり、、、

断裂後、1時間〜1時間半太田道場で毎日ウェイトトレーニングをしている。
今までよりも動く量が圧倒的に少ないので、1日最大70gまでの摂取に控えた
糖質制限をしているが、1ヶ月経った今、イマイチ体が絞りきれない。
やはり有酸素運動が出来ないのは痛い(アキレス腱よりもw)

そこでいよいよ、朝摂っていたライスを無くし、
ブランパン投入でいってみようと思う。
このブランパン、パンなのに1個の糖質はたった2g、1個64キロカロリー、
そして普通のパンにはほとんど入っていないタンパク質が
1個につき6gも入っている。
凄いパンだよ、これ。

昨年あたりからジワジワ売れ始めてるらしいが、
筋トレマニアの間では、かなり早い段階から情報が流れていた。

今夏に向け、体を絞りたい人やダイエットしたい人、
成長期で体を大きくしたい中学高校生あたりの人には、
間食時に適していますよ。
超おすすめ商品です。

ローソンに売っているので、興味がある方は是非!

つづく

 
コメント
コメント投稿




   

お問い合わせ

お問い合わせは、お近くの道場まで直接お越しください。

お電話・メールでの問い合わせ
0276−38−6421
info@seishin-kai.com

QRコード

スマートフォンでもPC表示に切り替えてご利用ください。

qrcode

↑ PAGE TOP